群馬県伊勢崎市の看護学校「伊勢崎敬愛看護学院」。看護師を目指す方の高等看護専門学校(高看)です。

看護・看護師・学校・専門学校・伊勢崎佐波・医師会・資料請求・願書・入試・看護学校・看護専門学校・正看護師・高等看護学院

伊勢崎敬愛看護学院TEL0270-26-0692

HOME学院概要カリキュラム年間スケジュールアクセスマップフロアマップよくある質問

敬愛フォトアルバム学生の1日卒業生の声学生募集要項願書一式・資料請求願書のダウンロード

卒業生の声
HOME : 卒業生の声

私たちはこの春、伊勢崎佐波医師会病院に就職した7名です。学院に隣接するこちらの病院は、主たる実習病院でもあり、敬愛看護学院を卒業した先輩方も多く、就職したばかりの私たちも安心して勤められます。学院での学びが病院での勤務に直結する、そんな医師会病院で一緒に素敵な看護師を目指しましょう !(^^)!

平成24年卒業
伊勢崎佐波医師会病院
本庄美沙希・高岸茉弥・戸塚愛理・丸山えり・三戸部七恵・茂木詩織・諸岡亜美


平成21年卒業
鶴谷病院
銘里 妃琴
筑波大学医学群看護学類3年時編入

私が大学編入を目指したきっかけは、臨床で働く中で、患者様、スタッフを含め、様々な方と出会い、社会と人との関係、心理について深く学びたいと思ったからです。私は、春から筑波大学に編入します。看護学以外の科目も学び、他学群の方たちとの交流も深め、色々な視点から考察する力を養いたいと思います。将来は、勤務していた鶴谷病院が循環器・CCUということもあり、重症・急性の専門看護師もとりたいと思っています。
みなさんも今に満足せず、向上心を持ち、目標に向かって邁進して行ってください。


私たち3姉妹は、全員伊勢崎敬愛看護学院卒業生です!
伊勢崎敬愛看護学院で過ごした3年間で私はとても貴重な体験を沢山しました。看護実習では患者様1人と向き合い、病態生理を学び、患者様にとって最優先の看護は何かについて常に考えました。先生方や指導者さんのアドバイスを聞き、仲間たちと切磋琢磨した学院生活でした。敬愛の先生方はとても厳しいですが、その厳しさの中にはしっかりとした優しさが含まれています。この学院は、看護とは何かを学べる場所です。

美原記念病院
平成18年卒業 中野 利美
平成21年卒業 小野 由香利
平成23年卒業 原 永美子


平成23年卒業
伊勢崎福島病院
大崎 環・中嶋 亜沙実

私たちは、看護師になって2年目です。伊勢崎敬愛看護学院で学んだ、知識や技術を生かし、看護師として日々頑張っています。学院では、仲間と一緒に看護に必要な多くのことを学びました。その中でも多くの時間を費やした実習では、悩み戸惑うこともありましたが、仲間がいたから乗り切れたと思っています。学院の教えである「人を敬い、人を愛する」敬愛の精神を忘れず、これからも長く勤めていきたいと思っています。


入学のきっかけは、「看護師がいいからなれっ!」と強く勧める父の言葉でした。クラスメイトには、小さい頃から看護師になろうと思っていた人、親族に看護師がいる人にまじり、私のように人に勧められて入学した人も結構いるのに驚きました。敬愛看護学院では、3年間とても充実して過ごせました。充実して過ごすコツは、いっぱい勉強して、いっぱい遊ぶことです。私は暇を見つけては、外に出ました。春は春のいい所へ、季節によって旬の場所へ行きました。すると、「長野君はあの桜で有名な○○へ行ったことある?」と患者さんに聞かれても、「ありますよ。あそこは綺麗な所ですね」なんて患者さんとの会話が自然と盛り上がるのです。今、卒業して思うことは、学生時代いっぱい勉強しておいてよかった!あの時、勉強をしておかなかったら、入職して直ぐにスタート出来なかった。いっぱい勉強してやっと1からスタート。最初は解剖や病態生理を勉強する事も辛かった。でも、高校までの勉強とは違って、自分に身近な事を勉強するので、だんだん楽しくなりました。
今の職場は手術部なので、朝8時から午後の3時まで手術に入ることもありますし、手術が終わらなかったら帰りが遅くなることもあります。しかし、私は学生の時以上に充実感を感じています。手術部でも、内科・外科・精神科または老人ホームなどの施設に行っても看護は看護!本当に看護師になれてよかった!とても幅が広く、やりがいがある専門職だと私は思っています。

群馬大学医学部附属病院
長野 明正


美原記念病院
真下 悠

現在、回復・リハビリ期病棟で働いています。先輩の看護師さんに色々教えて頂きながら、患者様の自立に向けて、リハビリや日常生活に必要なことを一緒に考え、援助しています。私が、看護師になろうとしたきっかけは、母が看護師であったこと、もともと人と関わる仕事をしたいと考えていたことから、この道に進みました。看護師として働き始めて一ヶ月が経とうとしています。その中で一番嬉しかったのは、今までマイナスな発言が多かった患者様の笑顔を見たことです。また、患者様の頑張りを見ると私も頑張ろうと励まされます。
敬愛での思い出は、やっぱり試験の多さと実習の厳しさです。実習の記録は苦手で泣いたこともありました。でも先生方の優しさと、厳しさに励まされ、乗り切ることができました。何より、患者様がいるから頑張れたと思います。私は、患者様と接することが、実習での厳しさの救いだったと思います。これから、様々なことを学んでいき、患者様と同じ目線にたち、信頼される看護師になりたいです。

プライバシーポリシーお問い合わせ